そこはかとなし!

多形滲出性紅斑が出たら

「多形滲出性紅斑」をご存じの方いらっしゃいますか?

 

ググっていただければよく分かるかと思いますが、原因は数多くあるようで特定が難しい。

私も原因はよく分からないままですが、小学生の頃から頻繁に発症しています。

それこそ毎月どこかしらに現れます。

「紅斑」の通り見た目は赤くなり、ひどく拡がるとなかなか派手です。

 

それこそもっともっと若くピチピチの頃には恥ずかしくて。

出る部位は人によっても違うと思いますが、私の場合はその時々によっても違いました。

 

・手、指の関節

・肘

・膝

・足の指の関節

・顔(これは一度だけ)

・くるぶし

 

人目につく場所に出たらもう最悪の気分になっちゃったり。

 

「季節の変わり目によく見られる」なんて言われますが、

私の場合は特に季節なんて関係なく。

 

特徴のひとつに「若い女性に多くみられる」ことがありますが、

最近通っている皮膚科の先生にも

「若い女性に多いはずなんだけど、最近はそうでないことが多いね」

ともう若くない認定されました‥。

 

 

そう、もう私も若くない。

もう慣れっこ。

私は紅斑が出ればまず皮膚科へ行き抗生物質を処方してもらいます。

この抗生物質がよく効く。

拡がる前に抗生物質

落ち着いてきれいになってくるとまた違う個所に出始めたりしますけどね。

 

でも!

手指になんて出たらやっぱり人前に出すのは恥ずかしいですよ!

 

膝なんかは隠してますけどね。

 

 

最近、暑いですよね。本当に何もしたくないです。

でも、右の太ももに、紅斑が出始めたな~って。

早めに病院に行かなくちゃって。

だんだん拡がって。

でも暑いなって。

‥‥

結果‥‥

 

右太もも全体に拡がった‥!

 

さすがに昨日病院に行って参りました。

だって反対側の太ももにも出始めたから‥。

左右対称に現れるのも特徴みたいですが、これは私にはよくよく当てはまります。

 

 

反省してます。

何が言いたいのかって、

やっぱり病院には早めにね。

 

ポイントは初期から全盛期にかけての期間に病院へ行くこと。

全盛期から衰退期の間だと抗生物質を処方してもらえなかった経験あり。

 

 

まぁ、太ももを見せる相手がいる訳ではないんだけども。

我ながら、ピンポイント過ぎるお話でした☆